セミナー

千葉県薬剤師会の地域職域代表者会議にてeST-aidをプレゼン

    トピック

    • 2020年01月19日(日)ホテルポートプラザちばにて、千葉県薬剤師会の地域職域薬剤師会代表者会議にてeST-aidのプレゼンテーションを行った。
    • 千葉県では千葉県薬剤師会をはじめ複数の地域薬剤師会がeST-aidを活用しており、eST-aidが県内でカバーしているエリアは近日中に50%程になる予定。
    • 千葉県の地域薬剤師会の代表者が一斉に集まる会議にてeST-aidを有用性を認識してもらい、県内での一層の導入拡大を目指す。


    ■本プレゼンテーションについて
    千葉県薬剤師会の地域職域薬剤師会の代表者及び千葉県薬剤師会の役員の方々に向けて、 災害時にeST-aidが千葉県薬剤師会で地域薬剤師会で集められた情報を確認する方法や、地域薬剤師会における災害時の会員状況の確認方法などeST-aidの機能を中心のプレゼンテーションとなりました。

    ■eST-aidとは
    被災したエリアの地域薬剤師会がよりスムーズに、 より効率的に救護活動を行えるよう、 公益社団法人江戸川区薬剤師会と共同で「eST-aid (エストエイド)」を開発しました。 発災後、 薬剤師は”薬剤師会災害対策本部”、 ”救護所”、 ”薬局”のいずれかで活動しますが、 それぞれの立場・状況に応じて活用できる機能がeST-aidには備わっております。現在は、自治体や、地域医師会・地域歯科医師会でも使用可能なシステムとなっており、災害時の地域連携を行うに最適なシステムとなっております。
    さらに、都道府県レベルの三師会でもご活用頂けますので、都道府県三師会が地域三師会の情報の取得を簡単かつ迅速に行うためのツールとしてもご活用いただいております。
    お問い合わせはこちら