プレスリリース

災害時に開いている医療機関・薬局がスマホでも見られる「eST-aid」を、千葉県外房薬剤師会も運用開始

    トピック

    • 災害時情報共有システム「eST-aid」を、2018年6月1日より千葉県外房薬剤師会も運用開始
    • 「eST-aid」では、災害時にスマホで簡単に近隣の開いている医療機関や薬局を見ることが可能
    • 千葉県八千代市薬剤師会に導入している移動薬局車両「モバイルファーマシー」に「eST-aid」は採用されており、千葉県内での連携に期待

    ■ 導入背景

    薬剤師会として、 災害時には会員の安否や薬局の被災状況を確認する必要があります。 しかしながら、 安否確認を行うシステムは他にも存在しますが、 薬局の被災情報を収集・発信する手段はなく、 同薬剤師会ではシステムを導入されておりませんでした。
    その点eST-aidでは、 会員薬局が被災状況を報告することで、 薬剤師会として薬局の被災状況を確認できるだけでなく、 以下の画像のように、 一般市民の方々にも発信できる点をご評価頂きました。

     

    ■ eST-aidとは

    被災したエリアの地域薬剤師会がよりスムーズに、 より効率的に救護活動を行えるよう、 公益社団法人江戸川区薬剤師会と共同で「eST-aid (エストエイド)」を開発しました。 発災後、 薬剤師は”薬剤師会災害対策本部”、 ”救護所”、 ”薬局”のいずれかで活動しますが、 それぞれの立場・状況に応じて活用できる機能がeST-aidには備わっております。 なお、 eST-aidはPC、 タブレット、 スマホどれでも閲覧可能です。
    また、 eST-aidは熊本地震の際にも活躍した移動薬局車両「モバイルファーマシー」でも活用でき、 関東で唯一保有している千葉県八千代市薬剤師会にも採用されております。さらに、 eST-aidではモバイルファーマシーとeST-aidを導入している薬剤師会との連携機能も備わっております。
    薬剤師が考えた、 薬剤師のためのシステムを全国に広めるべく、 今後も積極的に活動して参ります。

     

    ■ 千葉県外房薬剤師会について

    外房薬剤師会は平成24年に長生地区と夷隅地区の薬剤師会が合併してできました。 同会は外房エリアの長生郡(一宮町・白子町・長生村・長南町・長柄町・睦沢町)・茂原市・夷隅郡(大多喜町・御宿町)・いすみ市、 勝浦市の3市8町村の会員で構成されています。 会員薬局は110店舗。